くらし情報『スローにはじめる朝にオススメ。小さな写真集のような一冊『夏の森』』

2019年8月23日 18:00

スローにはじめる朝にオススメ。小さな写真集のような一冊『夏の森』

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『詩集 夏の森』。

詩人・銀色夏生が自由な心でつづった写真詩集。花や風景の素敵な写真が心を穏やかに鎮めてくれます。いつもよりスローにはじめる朝に、小さな写真集のような本をゆっくりめくって。

スローにはじめる朝にオススメ。小さな写真集のような一冊『夏の森』

『詩集 夏の森』
著者:銀色夏生
出版社:KADOKAWA

木漏れ日がきらきらしてる。花が揺れている。心も揺れている。待って、このまま少し立ち止まっててもいい?

この本を読んでいるとそんな気分になるのです。夏の森に囲まれた空をぐるっと見上げて、野性的な花たちの匂いをかいで、果てしなく続く道を前に呆然としてみたい。銀色夏生の写真はまるでロードムービーのなかの風景のようです。

「しばらくのあいだ力を失くしてたそういう時ってあるよねそういう時は静かにしてむやみに動き回らないそしてまた気持ちがゆっくりと動き始めるのを待とう」(『詩集 夏の森』より)』

ときどき寄り道しながら、ちょっとずつ前に進めばいいって思えます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.