くらし情報『おいしい料理が人をつなぐ!キッチンやカフェで読みたい小説、オススメ2冊』

2019年9月21日 18:40

おいしい料理が人をつなぐ!キッチンやカフェで読みたい小説、オススメ2冊

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、料理が人をつなぐ本を。

目次

・温かな一皿が生きる力に。
・スローな暮らし。


そろそろ温かいスープが恋しい季節、おいしい料理が心を癒す物語をいかがでしょう。滋味深いごはんに癒されて、明日を生きる気力がわいてくる。料理の気配が感じられる場所、たとえばカフェやキッチンで読みたくなる2冊です。

温かな一皿が生きる力に。

母親の名前は珊瑚、娘は雪。そして、珊瑚がオープンさせるカフェの名は「雪と珊瑚」。21歳のシングルマザーがさまざまな人に支えられながら、惣菜カフェを開くまでを描きます。

雪を抱えて頼る人もなく途方に暮れていた珊瑚が、心優しい年配の女性が作るおいしい食事に癒され、生きる力を取り戻します。やがて人の心と体に優しいお惣菜カフェを開きたいという珊瑚の夢が、人と人とを次々とつないでいきます。

栄養たっぷりのスープや具だくさんのおかずケーキが、母娘の明日の元気を作ってくれる。食べることは生きることだとあらためて感じる小説です。

おいしい料理が人をつなぐ!キッチンやカフェで読みたい小説、オススメ2冊

『雪と珊瑚と』
著者:梨木香歩
出版社:KADOKAWA/角川書店

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.