くらし情報『創業300年!暮らしに寄り添う工芸雑貨「中川政七商店」の魅力とは』

2019年10月20日 00:00

創業300年!暮らしに寄り添う工芸雑貨「中川政七商店」の魅力とは

目次

・10月20日:今日は「老舗の日」
・創業300年!暮らしに寄り添う工芸雑貨「中川政七商店」の魅力とは
・「老舗の日」とは?
創業300年!暮らしに寄り添う工芸雑貨「中川政七商店」の魅力とは
(筆者が所有、愛用する中川政七商店のポーチ)

10月20日:今日は「老舗の日」

「老舗」とは、昔から続いていて信頼がおけるお店のこと。旅館や飲食店など、老舗ならではのお気に入りのお店がある方も多いのでは?

今日は、300年の歴史を持ち、古くから受け継がれている工芸品を扱う人気ブランド「中川政七商店」の魅力についてご紹介します!

創業300年!暮らしに寄り添う工芸雑貨「中川政七商店」の魅力とは

朝時間.jpの読者の皆さんの中には、きっとご存じの方が多い人気ブランド「中川政七商店」。

モダンでおしゃれな雑貨などアイテムが多い中川政七商店ですが、実は創業は1716年!

奈良で創業し、手績み手織りの麻織物を中心に、日本全国の工芸技術を活かした雑貨を取り扱っているお店なんです。

衣類やバッグ、キッチン用品、コスメなど暮らしが豊かになるようなアイテムが盛りだくさん♪

取り扱っている商品は、シンプルでナチュラルなデザイン、素材のものが多いので、長く使えますし、幅広い世代に人気!

私も今年から中川政七商店のアイテムにハマっているんですが、どれもホッと心が落ち着くように感じるんです…♪

デザインにあたたかみがありつつおしゃれなので、カバンの中やお部屋の中が、お気に入りアイテム揃いになったように感じます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.