くらし情報『沖縄のこころに寄り添う一冊。「琉球」の美しい布と作り手たちの物語』

2019年11月1日 18:00

沖縄のこころに寄り添う一冊。「琉球」の美しい布と作り手たちの物語

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、澤地久枝さんの作品『琉球布紀行』を。

昨日、突然失われてしまった、沖縄のシンボル・首里城に心を寄せて。

琉球の人びとの美しい手仕事をつづった一冊です。沖縄県那覇市の首里からはじまる琉球布紀行。「いま、琉球の人びとの人生に裏づけられた布たちは、はるかな潮路をこえてひろがってゆく。その布と作り手の運命に寄り添う一人でありたい。」澤地さんの言葉が心にしみます。以前、こちらの記事でご紹介した一冊をあらためて再掲いたします。

***

作家の澤地久枝が綴る、琉球の布にまつわる物語をお届けします。琉球の歴史と作り手たちの人生が織り込まれた美しい布。今も息づく伝統の美の素晴らしさを堪能してください。

沖縄のこころに寄り添う一冊。「琉球」の美しい布と作り手たちの物語

『琉球布紀行』
著者:澤地久枝
出版社:新潮社

女性の着物の中でも世界で最も美しいもののひとつといわれる沖縄の『紅型』。華麗で大胆な色模様の着物は、亜熱帯の青い空にこそ映える。

著者は沖縄に二年間移り住み、大学で学ぶかたわら、島じゅうを旅して歩いた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.