くらし情報『【日曜日の絵本】おやつ読書にオススメ!もっとあんこが好きになる本』

2019年11月3日 18:00

【日曜日の絵本】おやつ読書にオススメ!もっとあんこが好きになる本

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、日曜日の絵本。

おいしくて身近な食べもの、あんこの材料として使われる「あずき」をテーマにした一冊。あんこ好きなみなさんにオススメの絵本です。

【日曜日の絵本】おやつ読書にオススメ!もっとあんこが好きになる本

『あずき(かがくのとも絵本)』
作:荒井真紀
出版社:福音館書店

あんこのお菓子、どれが好き。迷って出す答えは、そのときどきで違います。季節によっても変わります。忙しいときも、疲れたときも、あんこに癒される毎日です。あんこのおやつがあれば、ほわっとやさしい気分になれるのです。

この絵本では、そのあんこの原料となるあずきを細密画でわかりやすく紹介。あずきのたねが芽を出し、葉を伸ばし、どんどん大きくなって、いよいよ収穫するまでをていねいに描きます。

たい焼き、おはぎ、桜もち、おしるこ、羊羹、いちご大福と、おいしいあんこの食べものがずらり。そして、小さな赤い豆のお話は、あずきを使った料理やお菓子が、おめでたい席で食べられてきた話へとつながっていきます。

日本で古い歴史を持ち、長く親しまれてきたあずき。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.