くらし情報『死の淵から復活した男、星野源のエッセイ集『よみがえる変態』』

2019年11月18日 18:00

死の淵から復活した男、星野源のエッセイ集『よみがえる変態』

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『よみがえる変態』。

以前、カフェボンボンのこちらの記事でご紹介した、星野源さんの『蘇る変態』が文庫化されました。死の淵から復活した男の怒涛のエッセイです。ものづくり地獄、突然の病、完全復活。2011年から2013年、3年間の目まぐるしい日々をつづります。文庫化に際してのあとがきも新たに収録されています。

死の淵から復活した男、星野源のエッセイ集『よみがえる変態』

『よみがえる変態』
著者:星野源
出版社:文藝春秋

苦しいとき、先が見えないとき、この本を読む。それから彼の歌を聴く。

アルバムの曲づくりの締め切りに追われて眠れない夜、「ものづくり地獄」にはまる日々。作っても作っても満足できない、無間地獄に終わりはない。満足したら「俺」の仕事人生は終わりだから。ジタバタしながら「頑張れ俺」って言いながら、心のうちを赤裸々に解放します。

俳優業の舞台裏、飲めないお酒のことや大好きな甘いもの、エロスについて、寂しさについて。深夜のデニーズでミニチョコサンデーを食べながら書く。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.