くらし情報『心が疲れた時にオススメ。休日にゆっくり読みたい『ジャージの二人』』

2019年11月29日 18:00

心が疲れた時にオススメ。休日にゆっくり読みたい『ジャージの二人』

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『ジャージの二人』。

作家・長嶋有が北軽井沢の古い山荘を舞台に、失業中の「僕」とカメラマンの父が過ごす日々を描きます。疲れているとき、なんにもやる気が出ないとき、心に効く小説です。

心が疲れた時にオススメ。休日にゆっくり読みたい『ジャージの二人』

『ジャージの二人』
著者:長嶋有
出版社:集英社

「つれてってよ。今、無職だし。暇だし。手伝うよ、いろいろ」そう言って、僕は父の「一人避暑」についてきた。結婚三度目の父もどうやら問題を抱えているみたいだし、最近はあまり仕事もしていなさそう。

山荘暮らしがはじまっても、僕の心を占めているのは預金通帳の残高と浮気中の妻のこと。「経済活動からも夫婦生活からもドロップアウトしてしまうならば、せめて薪ぐらいは割れるようになろう」と自嘲気味に思うけれど、いざ薪で焚いた風呂に浸かれば、悲しみにぼせてしまうのだ。

そんな二人が山荘で着るのがジャージの上下。胸には小学校の名前が入ったワッペンがついている。夏の終わりの山荘暮らしはちょっとしょぼくれていて、洒落た雰囲気はみじんもないのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.