くらし情報『生きているということ。今日を大切にしたくなる、谷川俊太郎さんの詩』

2019年12月21日 18:00

生きているということ。今日を大切にしたくなる、谷川俊太郎さんの詩

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『谷川俊太郎詩集 たったいま』。

子どもたちのために編まれた、詩人・谷川俊太郎さんの本、新刊です。子どもも大人も楽しめる詩集です。素晴らしい詩の世界へ扉を開く一冊をどうぞ。

生きているということ。今日を大切にしたくなる、谷川俊太郎さんの詩

『谷川俊太郎詩集 たったいま』
詩:谷川俊太郎/絵:広瀬弦
出版社:講談社

谷川俊太郎さんの詩を読むたびに、いまこのときが愛おしいという想いがこみあげてくる。大切な今日という一日がつながって、なんでもない日々はかけがえのないものになる。

「生きているということ/いま生きているということ/それはのどがかわくということ/木もれ陽がまぶしいということ/ふっと或るメロディを思い出すということ/くしゃみすること/あなたと手をつなぐこと」(「生きる」より)

生きるよろこびを感じる詩は、朝読書にもぴったり。好きな言葉を見つけたら心が弾みます。声に出して読みたくなります。そうするともっと元気になれる気がするのです。

この詩集の「朝時間」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.