くらし情報『朝読書にぴったり!トーベ・ヤンソンさんが最初に書いたムーミンの本』

2020年1月13日 18:00

朝読書にぴったり!トーベ・ヤンソンさんが最初に書いたムーミンの本

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『小さなトロールと大きな洪水』。

ムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソンが最初に書いたムーミンのお話です。ムーミントロールとママの冒険の物語です。

朝読書にぴったり!トーベ・ヤンソンさんが最初に書いたムーミンの本

『小さなトロールと大きな洪水』
著者:トーベ・ヤンソン/訳:冨原眞弓
出版社:講談社

ムーミントロールとママはいま、大きな森のいちばん深いところにいます。冬がくる前に家を建てようと、日当たりのよい場所を探していたのです。ムーミントロールのパパはニョロニョロたちと旅に出てしまって行方がわかりません。家族がまた一緒に暮らす日はくるのでしょうか。「それじゃあ、パパもニョロニョロになってしまったの?」とムーミン。寒くて暗い森の中でさみしさが募ります。

森や沼、嵐の海をわたりながら、ムーミンたちの南への旅は続きます。大自然の脅威を前にすれば、ムーミントロールはあまりにも小さい存在ですよね。でも、ムーミンもママもとっても勇敢なんです。嵐の試練を乗り越えたムーミンは「なにもかも、うまくいきそうだよ!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.