くらし情報『自然の恵みを生かした沖縄の味。琉球料理の美味しさと心を綴る一冊』

2020年1月30日 18:10

自然の恵みを生かした沖縄の味。琉球料理の美味しさと心を綴る一冊

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『にちにいまし』。

琉球料理の第一人者が沖縄の伝統の味を伝える一冊、新刊です。著者自身の波乱万丈な人生を語りながら、琉球料理の美味しさの秘密や沖縄の知恵と言葉を綴ります。自然の恵みを生かした料理のレシピも紹介しています。

自然の恵みを生かした沖縄の味。琉球料理の美味しさと心を綴る一冊

『にちにいまし ちょっといい明日をつくる琉球料理と沖縄の言葉』
著者:山本彩香
出版社:文藝春秋

琉球料理、それは山本彩香の人生そのもの。予約がとれない伝説の店「琉球料理乃山本彩香」を閉じて七年がたったいまも、八十四歳の著者の料理への情熱は片時も失われることはありません。

著者が大切に伝えてきたのは、料理が大の得意だった養母から受け継いだ味。アメリカ統治の時代にあっても、養母が守り通した昔ながらの味でした。その料理の基本と心を守りながら、より美味しいものを自分の手で作り続けてきた山本さん。本書では、自身の生い立ちを語りつつ琉球料理への思いを綴ります。

本のタイトルの「にちにいまし」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.