くらし情報『生きるためのヒントに。心理学者のエッセイ『こころとお話のゆくえ』』

2020年5月27日 18:00

生きるためのヒントに。心理学者のエッセイ『こころとお話のゆくえ』

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『こころとお話のゆくえ』。

臨床心理学者、心理療法家の河合隼雄が、人の心や文化のゆくえについて綴ったエッセイ集。物事にはさまざまな見方があると教えてくれる一冊です。

生きるためのヒントに。心理学者のエッセイ『こころとお話のゆくえ』

『こころとお話のゆくえ』
著者:河合隼雄
出版社:河出書房新社

子どもの頃から妙に理屈っぽかったという著者は、いつも「なぜ」を連発し大人を困らせていた。そのクセはずっと変わらず、問題を解決するまで「はてな」で宙ぶらりんになった気持ちが落ち着かない。しかし、理詰めで問いかけるクセが強くなりすぎると、世の中がギスギスしてくるという。

そんなとき、論理によらない解決法もあることを、著者はある面白い例を挙げて紹介します。それは心を「収める」というちょっと日本的な解決法。心の葛藤やもやもやが収まっていると感じることを大切にする考え方なんですね。気持ちがすとんと落ち着くことでうまく収まる、解決することもあるのかもしれません。

どちらがいいとか悪いとかではなく、物事の解決法はひとつじゃない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.