くらし情報『『47都道府県の純喫茶』お客さんの気持ちに寄り添う110軒の物語』

2020年6月17日 18:00

『47都道府県の純喫茶』お客さんの気持ちに寄り添う110軒の物語

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『47都道府県の純喫茶』。

以前、カフェボンボンのこちらの記事でご紹介した本が、装いも新たにオールカラーで復刊しました。本の刊行直後に亡くなった著者の遺志を継いだ一冊となっています。

『47都道府県の純喫茶』お客さんの気持ちに寄り添う110軒の物語

『47都道府県の純喫茶 愛すべき110軒の記録と記憶』
著者:山之内遼
出版社:実業之日本社

純喫茶は疲れた心やからだを休める場所。そこにいつでも帰れると思うだけでほっとする。日本各地のさまざまな街に、お客さんの気持ちに寄り添うお店がたくさん存在します。

どの店も古い歴史をもち、それぞれの物語がある。一か月だけ手伝うつもりが、気がつけば四十年なんて方もいます。東日本大震災で失われ、険しい道のりを乗り越えて再開したお店もあります。その歴史の重さゆえ、気軽に入りにくいという人もいるかもしれません。でも、純喫茶ってチャーミングなところなんです。

著者の山之内遼さんが「これぞ純喫茶だ!」と思うポイントのひとつが、ミルクセーキやクリームソーダがあること。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.