くらし情報『物事or物体で変わる!?「宙ぶらりん」を表す英語表現3つ』

2020年6月24日 04:00

物事or物体で変わる!?「宙ぶらりん」を表す英語表現3つ

毎週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークする「テンナイン・コミュニケーション」とのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪ 

目次

・物事or物体で変わる!?「宙ぶらりん」を表す英語表現3つ
・be up in the air=宙に浮いている、うやむやになっている
・float in the air=(物体などが)宙に浮いている
・be in limbo=宙に浮いている、宙ぶらりん


議論する様子


物事or物体で変わる!?「宙ぶらりん」を表す英語表現3つ

今回ご紹介する表現は、「宙に浮いている」です。

計画や交渉などが宙に浮くことを英語では

be up in the air=宙に浮いている、うやむやになっている

を使って表現します。文字通りの意味なので、覚えやすいですね!

“The plan is up in the air.” のように使い、物事がうやむやのまま、中ぶらりんの状態であることを指します。

ちなみに、物理的に気球などが空中に浮かぶと言いたい時は、“The balloon is floating in the air.” のように

float in the air=(物体などが)宙に浮いている

を使いますよ♪

また

be in limbo=宙に浮いている、宙ぶらりん

も同様に「宙に浮いている」という意味です。“limbo”とは、カトリックでは、死んだ人が地獄にいかずにとどまる場所「辺獄」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.