くらし情報『“price”だけじゃない!「価格」を表す英語4つの使い分け方』

2020年6月26日 04:00

“price”だけじゃない!「価格」を表す英語4つの使い分け方

毎週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークする「テンナイン・コミュニケーション」とのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。金曜日は、今話題のニュースに関する英語表現をご紹介します♪

目次

・“price”だけじゃない!「価格」を表す英語4つの使い分け方
・price=物そのものの値段、価格
・cost=かかった費用をすべて含んだもの、コスト
・charge=サービスに対して支払う料金
・fee=専門的なサービスに対して支払う代金、報酬


家計の確認


“price”だけじゃない!「価格」を表す英語4つの使い分け方

最近では、布マスクの配布にかかる費用が総額260億円、とのニュースが話題になりましたね。英語には「費用」や「価格」などを表すための表現がいくつか存在しています。今回はそれら英語表現の使い分けについて、少しだけ掘り下げてみましょう♪

price=物そのものの値段、価格

商品の価格を指す、一般的な表現です。

例)The price of the stock plummeted after the recall was announced.(欠陥商品回収のニュースを受けて、その会社の株価は急落した)

cost=かかった費用をすべて含んだもの、コスト

priceと同様に日本語での会話でもよく耳にするcostには、対象となるものごとにかかったありとあらゆる費用の総額、という意味があります。これをふまえると

例)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.