くらし情報『夏のお弁当問題を解消!?フタが保冷剤になる「GEL-COOL ランチボックス」』

2020年8月13日 04:00

夏のお弁当問題を解消!?フタが保冷剤になる「GEL-COOL ランチボックス」

本連載「モーニング・マルシェ」では、朝時間.jp編集部がセレクトした、朝が楽しくなるアイテムを紹介します!

夏のお弁当問題を解消!?フタが保冷剤になる「GEL-COOL ランチボックス」

夏のお弁当問題を解消!?フタが保冷剤になる「GEL-COOL ランチボックス」夏のお弁当問題を解消!?フタが保冷剤になる「GEL-COOL ランチボックス」夏のお弁当問題を解消!?フタが保冷剤になる「GEL-COOL ランチボックス」夏のお弁当問題を解消!?フタが保冷剤になる「GEL-COOL ランチボックス」夏のお弁当問題を解消!?フタが保冷剤になる「GEL-COOL ランチボックス」夏のお弁当問題を解消!?フタが保冷剤になる「GEL-COOL ランチボックス」夏のお弁当問題を解消!?フタが保冷剤になる「GEL-COOL ランチボックス」夏のお弁当問題を解消!?フタが保冷剤になる「GEL-COOL ランチボックス」GEL-COOL ランチボックス SG ミルクホワイト¥2,310(※記事公開時のAmazon.co.jpでの価格です)

夏本番!この時期に頭を悩ませることのひとつが、「お弁当の傷み」問題。

気温も湿度も高い日本の夏は、とにかく食材が傷みやすく、食中毒が心配。とはいえ、夏休みのお子さんのため、そして、節約や健康、ダイエットのためにも、お弁当を作らないわけにはいかない…なんて方も多いはず。

今日ご紹介するのは、毎朝お弁当づくりをがんばる弁当男子&弁当女子におすすめのお弁当箱「GEL-COOL ランチボックス」♪なんと、フタと保冷剤が一体になっている、アイデアお弁当箱なんです!

夏のお弁当問題を解消!フタが保冷剤になる「GEL-COOL ランチボックス」


使い方はとても簡単で、冷凍庫で一晩フタごと凍らせるだけ。朝、お弁当箱に中身を詰めて冷ましたら、保冷剤内蔵のフタをするだけです。

お弁当の中身を冷ましてからフタをすれば、15℃以下の状態を4時間程度キープOK。朝8時に作ったお弁当を、12時まで保冷した状態で保てると思うと、とっても安心ですよね!

本体はもちろん、レンジ加熱OK!フタを外した状態で、お弁当を温め直すこともできますよ♪

仕切り付きで、ご飯とおかずを分けて詰めやすいのもgood◎ゴムバンド付きで持ち運び中もグラグラしにくく、本体と仕切りは食洗機にもかけられるのでメンテナンスも簡単。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.