くらし情報『【日曜日の絵本】幸せな一日のはじまりに読みたい絵本、オススメ3冊』

2020年8月9日 18:00

【日曜日の絵本】幸せな一日のはじまりに読みたい絵本、オススメ3冊

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、日曜日の絵本。

光輝く夏の朝におすすめの絵本を選びました。ダイナミックな自然の生命力とやさしさを感じる3冊です。美しい空の色もお楽しみください。幸せな一日のはじまりにぜひどうぞ。

雨上がりの空に。

池や森に雨つぶが注ぎ、木々の濃い緑は灰色にけぶる。雨脚は激しくなり、鳥や動物たちは逃げていく。やがて雨が止むと、空気が透き通って、空いろは空いろになって……。自然の力と空の美しさを描き切った絵本です。

詩人と画家のセッションは、言葉と絵筆の持つエネルギーをあらためて感じさせてくれます。本書は、東北出身のお二人が思いを込めて作った特別な絵本でもあります。大雨のあとの夜空に祈りを込めて。

目次

・雨上がりの空に。
・小さな島のまわりで。
・草原のなかで。


【日曜日の絵本】幸せな一日のはじまりに読みたい絵本、オススメ3冊

『空の絵本』
作:長田弘/絵:荒井良二
出版社:講談社

小さな島のまわりで。

小さな島が育む命をダイナミックに描いた傑作絵本。梨の花の匂いに満ちた春、島では無数の生き物の命が息づいている。生き物たちでにぎわう島に夏が巡ってきたとき、一匹の子猫がヨットに乗ってやってきた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.