くらし情報『【日曜日の絵本】最新学説に基づく恐竜たち!大人も夢中になる一冊』

2020年9月6日 09:30

【日曜日の絵本】最新学説に基づく恐竜たち!大人も夢中になる一冊

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、日曜日の絵本。

主要な恐竜56種と、同時代の動物16種を紹介した『きょうりゅうのずかん』。リアルに描かれた恐竜たちとの心踊る出会いをお楽しみください。

【日曜日の絵本】最新学説に基づく恐竜たち!大人も夢中になる一冊

『きょうりゅうのずかん』
作:五十嵐美和子/監修:富田京一
出版社:白泉社

大迫力の恐竜たちに大人だって夢中です。アルゼンチノサウルスは75トンもあるなんて。世界一重いといわれる恐竜だから、足跡の化石も深くて大きいのだそうです。ティラノサウルスのからだに羽毛が生えているようすもよくわかります。恐竜の姿をとっくりと眺めていると幸せで、この絵本と一日中過ごす日があってもいいなあなんて思います。

監修は大人気の恐竜博士、ドクター・トミーこと富田京一先生です。本書の恐竜の絵と解説は、最新の発見と研究を反映して書かれています。恐竜の姿かたちが時代とともに変わっていくことを実感できます。

名前(学名)の横に書かれた名前の意味も面白い。たとえば、ティラノサウルスは「ぼうくんトカゲ」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.