くらし情報『「マロン」では通じない!秋の味覚「栗」を英語で言うと?』

2020年9月18日 04:00

「マロン」では通じない!秋の味覚「栗」を英語で言うと?

毎週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークする「テンナイン・コミュニケーション」とのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。金曜日は、今話題のニュースに関する英語表現をご紹介します♪

目次

・「マロン」では通じない!秋の味覚「栗」を英語で言うと?
・chestnut(=チェスナット)


栗


「マロン」では通じない!秋の味覚「栗」を英語で言うと?

これからの季節、栗ご飯はもちろん、茹でたり焼いたりしておやつとしても楽しめる旬の味覚「栗」。栗きんとんやモンブランなど、秋を感じるスイーツを楽しみにしている方も多いのでは?

栗は日本では「marron(マロン)」という呼び方に馴染みがありますが、実はアメリカで「marron」と言うと「ザリガニ」と誤解されてしまいます。

「マロン」はもともとフランス語で、栗とよく似た “トチノキ科の木の実” を指す「marron」が由来。英語で “栗” と言いたいときは

chestnut(=チェスナット)

が正解です。

例)
Aさん: What do you have planned this weekend?(=今週末は何をする予定ですか)
Bさん: I’m going chestnut picking with my colleague. (=同僚と栗拾いに行く予定です)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.