くらし情報『“believe”じゃ足りない!?「確信している」と言いたい時の英語4選』

2020年9月23日 04:00

“believe”じゃ足りない!?「確信している」と言いたい時の英語4選

毎週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークする「テンナイン・コミュニケーション」とのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪ 

目次

・“believe”じゃ足りない!?「確信している」と言いたい時の英語4選
・believe=信じる


確信している女性


“believe”じゃ足りない!?「確信している」と言いたい時の英語4選

「~であると信じる」「確信する」という時には

believe=信じる

という英単語を使うことが多いと思います。ですが、ネイティブがこの “believe” に感じるニュアンスとしては多くの場合 “think(~と思う)” と比べ少しだけ確信度が増すかな…という程度です。

例えば

“I believe that we sent the product last week.”(=先週その商品を送ったと思う)

という表現には、「絶対に送った」というニュアンスはなく、ネイティブには「送ったと思う」程度にしか聞こえません。つまり、「本当に送ってくれたの?」と思われるかもしれません。つまり、状況によっては説得力に欠ける言い回しと言えます。

「絶対に~だ」「確信している」と主張したい時は、次のような表現を使うと良いでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.