くらし情報『揺れる女ごころを鮮烈に描く、川端康成の傑作小説『女であること』』

2020年10月1日 18:00

揺れる女ごころを鮮烈に描く、川端康成の傑作小説『女であること』

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『女であること』。

川端康成が「女であること」をテーマに、さまざまな生き方をする三人の女性を中心に描いた名作です。この秋の読書に素敵な日本文学をいかがでしょう。

揺れる女ごころを鮮烈に描く、川端康成の傑作小説『女であること』

『女であること』
著者:川端康成
出版社:新潮社

市子は結婚して十年あまり。弁護士の夫、佐山とは夫婦仲もよく、穏やかな日々を送っていました。佐山家には夫が担当する死刑囚の娘で孤独な美少女・妙子が引き取られ一緒に暮らしています。そんなある日、夫婦のもとに市子の友だちの娘がやってきて居候することに。家出娘・さかえの出現により、佐山家の平穏が次第に乱されていきます。

美しく世話好きな市子を慕うふたりの若い娘たち。世間に気がねしながら生きる妙子とわがままで奔放なさかえは、それぞれ極端な方向に心情も行動もエスカレート。母親代わりの市子をはじめ、夫の佐山や若い恋人たちもいつしか巻き込まれていくのですが……。満ち足りていたはずの市子の本心、自分でも気づいていなかった女ごころがむきだしになる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.