くらし情報『日記が自伝!世界的美術家・横尾忠則が一日も休まずにつづる日常生活』

2020年10月14日 18:00

日記が自伝!世界的美術家・横尾忠則が一日も休まずにつづる日常生活

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『横尾忠則 創作の秘宝日記』。

世界的な美術家・横尾忠則が一日の休みもなしに書き続けた日記、新刊です。現在、ツイッターなどで毎日マスクアートを発信中。2016年5月9日から2020年6月14日まで、著者の日常がぎゅっと濃縮されています。

日記が自伝!世界的美術家・横尾忠則が一日も休まずにつづる日常生活

『横尾忠則 創作の秘宝日記』
著者:横尾忠則
出版社:文藝春秋

「いよいよ大作(といっても150号)に取りかかる。できれば描いたことのない絵にしたい。指先に脳を移動させれば、頭の脳はこの間、休息していればいい。指に移動した脳は霊力となってキャンバスの上を何も考えないで駆け巡ってくれるだけでいい。」(2019年3月24日の日記より)

横尾忠則さんの日記は中毒になる。肉体の声と直感にしたがった生き方が気持ちよくて、貪るように読んでしまう。

昼間の日記とともに書かれる夢日記も病みつきの原因のひとつ。著者は昼と夜のあいだを自由自在に行き来する。この浮遊感がたまらないのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.