くらし情報『料理のバトンをつないでいく。伊藤まさこの『母のレシピノートから』』

2020年10月21日 17:30

料理のバトンをつないでいく。伊藤まさこの『母のレシピノートから』

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『母のレシピノートから』。

暮らしまわりのスタイリスト伊藤まさこさんが、母のレシピを紹介した心温まる一冊です。新しいエッセイも加えた文庫新刊です。

料理のバトンをつないでいく。伊藤まさこの『母のレシピノートから』

『母のレシピノートから』
著者:伊藤まさこ
出版社:筑摩書房

子どもの頃、著者が大好きだったパイナップルとチェリーのケーキ。まだオーブンがなかった頃、母は無水鍋で作ってくれた。愛らしいケーキは友だちにも人気で「まあちゃんのおうちのケーキ」と呼ばれていたそうです。

本書では、著者のお母さまが四十年間にわたって大学ノートに書きとめたレシピをもとに、ずっと作り続けたい料理を紹介しています。料理にまつわる思い出やエピソードに、家族の幸せがあふれます。

大好きなおいしいごはんやお菓子は、すべて「母のレシピノート」から生まれたもの。お母さんが厚焼き卵を手際よく作る様子をじっと見ている、子どもの頃の伊藤さんの姿が目に浮かびます。そして、母から受けついだ味は、「ママのごはん」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.