くらし情報『名画の中の植物を案内。描かれた花や樹木から絵画を読み解く一冊』

2020年10月28日 17:30

名画の中の植物を案内。描かれた花や樹木から絵画を読み解く一冊

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『名画の中の植物』。

深まる秋の日の読書に、美術に親しむ本をいかがでしょう。植物学者・大場秀章氏が花や樹木から名画を読み解く一冊です。西洋絵画に描かれた植物から浮かび上がる時代背景や画家の意図とは……?

名画の中の植物を案内。描かれた花や樹木から絵画を読み解く一冊

『名画の中の植物』
著者:大場秀章
出版社:八坂書房

古代エジブトの壁画の黄泉の国に描かれたスイレンの花。水辺や水中に生えるスイレンは水の存在を示すシンボルであり、当時のエジプト人がスイレンを描いたのは「水に恵まれた黄泉の国」を願ったからではないかと著者は読み解きます。はるか昔の遠い国の人の気持ちがスイレンの花を通して伝わってきます。

本書では、古代エジプトや古代ローマの壁画、ボッティチェリの「プリマヴェーラ(春)」、ダ・ヴィンチの植物の習作、ジャポニスムの花、アンリ・ルソーのジャングルなど、15点の絵画作品の植物に注目し、作品を描いた画家や植物が描かれた意図、時代背景について考察しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.