くらし情報『「春日大社 千年の至宝」展、東京国立博物館で開催!貴重な古神宝を拝観しよう』

2016年9月15日 08:00

「春日大社 千年の至宝」展、東京国立博物館で開催!貴重な古神宝を拝観しよう

2017年1月17日(火)~3月12日(日)の期間中、東京・上野の東京国立博物館 平成館で特別展「春日大社 千年の至宝」展が開催されます。春日大社の古神宝の数々をはじめ、春日大社にまつわる美術作品などが一堂に会する、貴重な特別展をお見逃しなく!

「春日大社 千年の至宝」展、東京国立博物館で開催!貴重な古神宝を拝観しよう

春日大社中門    春日大社/撮影:桑原英文

春日大社とは?

創建は768年。奈良県奈良市にある神社です。全国に約3,000ある春日大社の総本山としても知られています。平安時代を中心に、春日大社には数々の宝物が伝えられました。1998年にはユネスコ世界遺産に「古都奈良の文化財」の1つとして登録。本社 本殿の4棟は国宝でもあります。

今回の特別展は、春日大社が20年に1度おこなう社殿の修繕や建て替え「式年造替」が2016年に20回目を迎えた節目に開催されます。かつてない規模の展示に注目が集まっています。

●「春日大社 千年の至宝」展のここを要チェック!

見どころは大きく分けて次の3つです。

●平安の正倉院

あまたの至宝を有していることから、春日大社は「平安の正倉院」と称されます。特別展では、その「千年の至宝」を余すところなく大公開。平安貴族の美意識がうかがえる古神宝、平安工芸の最高峰といえる品々をじっくり拝観しましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.