くらし情報『マリー・アントワネット展に行ってきた!壮絶すぎる生涯と、知られざる素顔に迫る』

2016年10月30日 08:00

マリー・アントワネット展に行ってきた!壮絶すぎる生涯と、知られざる素顔に迫る

現在、六本木ヒルズ森タワー52階で「ヴェルサイユ宮殿《監修》マリー・アントワネット展美術品が語るフランス王妃の真実」が開催されています。フランスだけでなくウィーンの美術館からも、肖像画をはじめ貴重な美術品約200点を集め、その波乱の生涯を辿ります。いま注目の展覧会を、さっそくアソビュー編集部員が取材してきました!

目次

・見どころをご紹介!
・200点の美術品でたどる、波乱の一生


マリー・アントワネット展に行ってきた!壮絶すぎる生涯と、知られざる素顔に迫る


見どころをご紹介!

はじめに、展覧会のみどころをご紹介します。1つめは、とにかく豪華なファッション。時代のファッションリーダーでもあったアントワネットの、斬新できらびやかな衣装にご注目ください。2つめは、室内空間の再現。実際に使われれた家具などで浴室や居室を再現しています。アントワネットがおくった日常生活をリアルに感じられますよ。3つめは、スウェーデン貴族 フェルセンとの暗号ラブレター。今年1月に解読されたばかりの、貴重な資料です。暗号で交わされた愛のメッセージは必見ですよ。

200点の美術品でたどる、波乱の一生

それではさっそく、展覧会の会場へ!会場内に入ると、高級感あふれる真紅の壁があらわれます。ぐっとマリー・アントワネットの世界に引き込まれます。

マリー・アントワネット展に行ってきた!壮絶すぎる生涯と、知られざる素顔に迫る


●14歳で政略結婚。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.