くらし情報『秘蔵の宝物がズラリ!特別展「春日大社 千年の至宝」東京国立博物館現地レポート!』

2017年1月17日 08:00

秘蔵の宝物がズラリ!特別展「春日大社 千年の至宝」東京国立博物館現地レポート!

2017年1月17日(火)から3月12日(日)まで、上野・東京国立博物館 平成館で特別展「春日大社千年の至宝」が開催されます。奈良の春日大社の貴重な宝物や名品を東京にいながらにして見られる、またとない機会です。asoview!編集部が取材してきましたので、見どころや詳細についてレポートします!

目次

・春日大社の貴重な古神宝を、かつてない規模で展示!
・第1章神鹿の森
・第2章平安の正倉院
・第3章春日信仰をめぐる美的世界
・第4章奉納された武具
・第5章神々に捧げる芸能
・第6章春日大社の式年造替
・展覧会限定グッズもチェック!


秘蔵の宝物がズラリ!特別展「春日大社 千年の至宝」東京国立博物館現地レポート!


春日大社の貴重な古神宝を、かつてない規模で展示!

秘蔵の宝物がズラリ!特別展「春日大社 千年の至宝」東京国立博物館現地レポート!


春日大社は、奈良時代のはじめに国家の平安と国民の繁栄を祈願するために創建された神社で、今年で創建1249年を数えます。時の天皇、貴族、武家など当時の最高権力者が、自分の持っているものの中で最高のものを奉納し、祈りを捧げる場でもありました。京都では応仁の乱の際に貴重な宝物がほとんど失われてしまいましたが、春日大社には平安時代の技法で創られたものが1,000年以上の長きに渡り伝えられてきました。中には春日大社にしか残っていない技法も数十点あると言われています。

秘蔵の宝物がズラリ!特別展「春日大社 千年の至宝」東京国立博物館現地レポート!


春日大社では、20年に1度「式年造替(しきねんぞうたい)」と呼ばれる社殿の建て替え・修繕が行われます。平成28年には60回目の式年造替を迎えました。この大きな節目に、社外ではめったに拝観できない春日大社伝来の貴重な古神宝や、神々への祈りが込められた選りすぐりの名品を、かつてない規模で展示するのが今回の特別展です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.