くらし情報『名画の隠された恐怖を読み解こう!「怖い絵」展が兵庫&東京で開催』

2017年6月14日 05:00

名画の隠された恐怖を読み解こう!「怖い絵」展が兵庫&東京で開催

作家・ドイツ文学者の中野京子によるベストセラー「怖い絵」の刊行10周年を記念した特別展「怖い絵」展が、兵庫県立美術館で2017年7月22日(土)~9月18日(月・祝)まで、上野の森美術館で2017年10月7日(土)~12月17日(日)まで開催されます。視覚的な怖さだけでなく、「この絵がなぜ怖いのか」という隠された背景を知ることで分かる恐怖を紐解いていく、今までになかった斬新な展覧会となっています。

目次

・テーマは「恐怖」!兵庫&東京で、「怖い絵」展が開催
・注目作品をピックアップ!
・各章の内容をご紹介!
・展覧会の注目ポイント!


名画の隠された恐怖を読み解こう!「怖い絵」展が兵庫&東京で開催

ハーバート・ジェイムズ・ドレイパー 《オデュッセウスとセイレーン》1909年 油彩・カンヴァス リーズ美術館蔵
©Leeds Museums and Galleries (Leeds Art Gallery)

テーマは「恐怖」!兵庫&東京で、「怖い絵」展が開催

「怖い絵」展は、作家・ドイツ文学者の中野京子によるベストセラー「怖い絵」の第1巻刊行10周年を記念した特別展です。2007年にシリーズ1作目が刊行された同書は、「恐怖」をキーワードに据えて西洋美術史に登場する名画の魅力を紹介しており、その絵の時代背景や隠された物語という知識をもとに読み解く美術書としてベストセラーを記録し、シリーズ化されて多方面で大きな反響を呼びました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.