くらし情報『「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」東京国立近代美術館にて開催』

2017年9月1日 12:00

「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」東京国立近代美術館にて開催

熊谷守一没後40年の大回顧展が、2017年12月1日(金)~2018年3月21日(水・祝)の期間、東京国立近代美術館で開催されます。スケッチや日記まで含めて200点を超える展示品が集められ、97年の人生をひたすらに生き、描き続けた熊谷の人生と、その創作の秘密に迫ります。

97年の人生をひたすらに生き、描いた画家、クマガイモリカズ

「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」東京国立近代美術館にて開催

熊谷守一 《猫》 1965年 愛知県美術館 木村定三コレクション


花や鳥や虫、何気ない庭の一角。明快な線と色で身近なものを描く作品で広く知られる熊谷守一。一見おだやかに見える作品の背後には、科学者のような観察眼と、考え抜かれた制作手法が隠れています。
97年の人生をひたすらに生き、描いた画家の軌跡を存分に紹介する――それがこの、没後40年の大回顧展です。

●熊谷守一とは

「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」東京国立近代美術館にて開催

熊谷守一 1971年 (91歳) 撮影:日本経済新聞社


1800(明治13)年、岐阜県恵那郡付知村に生まれた熊谷は、1897(明治30)年に上京。1900(明治33)年、東京美術学校西洋画科撰科に入学し、黒田清輝、藤島武二らに師事しました。
一時帰郷して材木運搬などの仕事に就くも、再上京。二科会を中心に発表を続け、二科技塾の講師も務めます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.