くらし情報『「ちゃんと入れたはずなのに…ない!」 娘に聞くと、計画的な犯行がわかって…!?』

2022年6月27日 10:30

「ちゃんと入れたはずなのに…ない!」 娘に聞くと、計画的な犯行がわかって…!?

毎日朝から用意しているお弁当。5歳の娘は保育園にいつものように持って行ったと思っていたのに、帰宅後「今日はお弁当を忘れたから自分でパンを頼んだ」と。用意したはずなのに、どうして!? なぜそんなことをしたのかその理由に驚いた私の体験談をお話しします。

目次

・保育園に持って行ったはずのお弁当
・計画的犯行が発覚!
・保育園の先生に確認し、娘には話を
・著者:松田みさと


「ちゃんと入れたはずなのに…ない!」 娘に聞くと、計画的な犯行がわかって…!?


「ちゃんと入れたはずなのに…ない!」 娘に聞くと、計画的な犯行がわかって…!?


保育園に持って行ったはずのお弁当

5歳の娘の通っている保育園では、3歳児以上は副食(おかず)を給食として食べさせてもらえますが、主食(ご飯かパン)は家からお弁当に入れて持って行くことになっています。ただ、忘れたり、準備ができなかったりしたときはパンを注文することができるシステムです。

わが家は、毎日ご飯かパンを持たせていました。いつも帰宅後、保育園の通園バッグの片づけをするのですが、その日は、朝入れたはずのお弁当がありません。いつものように水筒とお弁当を用意し、ちゃんと入れたかも確認したはず……。

計画的犯行が発覚!

「お弁当がないけれど、どうしたの?」と娘に聞くと、「お弁当を忘れたから自分でパンを注文した」と言うのです。えっ、なんで? ちゃんと入れたはずなのに……と、思った私は、娘に「ママ、朝ちゃんとバッグに入れて確認もしたけど、どうしてお弁当がないのかな?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.