くらし情報『オトナ女子が走り始めるのなら“夜ラン”がイイ!【体験談】』

2019年12月6日 20:35

オトナ女子が走り始めるのなら“夜ラン”がイイ!【体験談】

目次

・手持ちのださジャージでも夜ランならあまり気にならない!
・夜の運動でほどよく体力を消耗。ぐっすり寝られるように
・7年間小走り続けた結果……体重は?ダイエット効果は?
・まとめ
夜ランニング


ほとんど運動をしてこなかった私が、ランニングを始めたのが38歳のとき。週1~3回のペースで、3~4kmの距離を7年間走り続けています。ただし時間帯は95%夜。断然夜。晴れている朝より小雨の夜ってくらい、夜。とくに初心者ほど夜ランがおすすめだと思うのです。

手持ちのださジャージでも夜ランならあまり気にならない!

夜ランニングのイメージ


夜になると家を飛び出し、市内を小走りする――。どら猫を追いかけるサザエさんの話ではなく、自分のランニングの話です。第二次ベビーブーム世代のオトナ女子(以降、中年)の私が40手前でマラソンを始めた理由は、ダイエット。このとき身長158cm、体重はぎりぎり49kg。どうしても50kg台にのるのを防ぎたいというのが理由でした。

要は、近所を走るだけだからおしゃれなスポーツウエアは不要なわけで。というか、もうキレイ色の短パンにスパッツとか自分のケツでか体型では絶対に無理。もはや公開処刑でしかなく、そこら辺でばりばり走っているおじさんにすら、スタイルは完敗します。手持ちの地味な黒ジャーで十分。Tシャツだってスポーツ系でなくて困らない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.