くらし情報『代謝が落ちて太り始めて始めた●●のバイト。その効果とは…【体験談】』

2019年12月15日 20:35

代謝が落ちて太り始めて始めた●●のバイト。その効果とは…【体験談】

目次

・お店選びのポイントは、電車通勤で歩く歩数を稼げる場所にあること
・若者と一緒に飲食店のホールで歩きながら体力づくり
・8000歩を目標に! お店が暇だったときは帰宅途中に歩きまくる
・まとめ
バイトのイメージ


40代でフリーライターになり8年あまり、年齢的にも代謝が落ち、太り始めてしまったので運動もかねてバイトを始めました。そのバイトとは飲食店でのホール担当。運動をわざわざ行うのはなかなか続かないけど、仕事となれば必ず動くし、しかもお金も入るから一石二鳥でかなり有効でした。

お店選びのポイントは、電車通勤で歩く歩数を稼げる場所にあること

通勤のイメージ


フリーライターは仕事量も収入も安定しないので、空いた時間を使って確実に収入になる仕事、しかも仕事中はずっと歩いて体力づくりにもなるということで、40代の後半で初めてやってみようと思ったのが飲食店でのバイトでした。

お店を決めるポイントでまず考えたのは、近すぎず遠すぎず、でも電車通勤が必要な場所。電車通勤って決まった分だけ必ず歩くし、階段を上ったり下りたりする機会もできるからいい運動になるんです。

10数年前にフルタイムで働いていたとき、運動は全くしていなかったけれど、体重は全然変わらなかったし、体力もありました。やっぱり通勤は大事!ということで電車自体に乗っている時間は12~13分だけど、乗り換えが1回あるので階段の上り下りも含め結構な歩数を稼げる場所のお店を選びました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.