くらし情報『40代の体型の変化に仰天!おなかに浮き輪のようなお肉が出現【体験談】』

2020年2月23日 11:35

40代の体型の変化に仰天!おなかに浮き輪のようなお肉が出現【体験談】

目次

・高齢出産後、産後太りが止まらない!
・今からでも遅くないと信じてできることから
・毎日の積み重ねで少しずつ変わる体の変化
・まとめ
40代の体型の変化に仰天!おなかに浮き輪のようなお肉が出現【体験談】


30代までは食事を制限したり、運動をしたりするとやせたのに40代に突入すると事態は一変! 食べていないのに太るのはなぜ? 脂肪がおなかや腰周りにどんどんついて浮き輪を身につけているような体型に。今回はアラフォー女性の多くが抱える体型の悩みを、私の体験談を交えて紹介したいと思います。

高齢出産後、産後太りが止まらない!

38歳で1人目を出産し、完全母乳で育てていました。おっぱいをあげるとおなかが空くので食欲もすごく、1日3食では足りず間食をするようになったのです。母や友人からは「おっぱいをあげていたら食べてもやせるから」と聞いていたので大丈夫だろうと安心しきっていました。

しかし、産後1年たっても体重は戻らないどころか増え続け、しまいには今までついたことのないところに脂肪がつきだしたのです。「若いママは産後すぐに元の体型に戻っているのになぜ?」という疑問だけが頭の中をグルグルしていました。まさか自分がオバサン体型になるなんて……。ショックで現実を受け止めきれない自分がいました。

今からでも遅くないと信じてできることから

40代の体型の変化に仰天!おなかに浮き輪のようなお肉が出現【体験談】


ネットで女性の体型の変化を調べてみたところ、20代で完成した女性らしい体から、皮下脂肪が沈着していく30代になり、特に37~39歳ごろになると急激な体重変化が始まるようです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.