くらし情報『43歳、若作りは見苦しい!?おしゃれママ友からの助言とは?【体験談】』

43歳、若作りは見苦しい!?おしゃれママ友からの助言とは?【体験談】

目次

・幼稚園の親睦会、気合を入れ過ぎて浮いてしまう
・アパレルメーカーで働くママに泣きつく!
・同年代のおしゃれママからの厳しいアドバイス
・まとめ
43歳、若作りは見苦しい!?ママ友からの助言とは?top


定期的におこなわれる保育園、幼稚園の参観日や親睦会、小学校のPTAなどに、皆さんはどんな服装で出かけますか? 私は気合を入れ過ぎて大失敗をしたことがあります……。その苦い経験により、40代から似合うファッションについて考えてみました。キレイなママ友たちからの助言を受け、たどり着いた答えがあったので報告します!

幼稚園の親睦会、気合を入れ過ぎて浮いてしまう


43歳、若作りは見苦しい!?ママ友からの助言とは?1


私は下の子を38歳で産んだので、息子はまだ幼稚園児です。息子が通っている幼稚園では、参観日を利用してクラスの親睦会という名のランチ会がおこなわれます。息子のクラスは20代や30代前半のママが多く、平均年齢がとっても若い! おそらく私が一番年上……。できるだけ疲れたおばさんに見られないように当日は髪をキレイに巻いて、大ぶりのピアスを着け、服装も気合を入れて親睦会に向かいました。

しかし親睦会の会場に入ると、バリバリに決めているのはなんと私だけ。ほかのママたちはカジュアルなスタイルで、髪も後ろに束ねるくらいなのに、あふれんばかりの若さでキラキラして見えました。1人張り切った格好の自分が恥ずかしく、終始小さくなって過ごしたのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.