くらし情報『「えっ!親戚の集まりでファストフード…?」食にこだわりのない義母からの提案!食事に気を配る私は…』

「えっ!親戚の集まりでファストフード…?」食にこだわりのない義母からの提案!食事に気を配る私は…

目次

・義実家で囲む食卓は楽しい! その反面、大きな不安も
・著者:三嶋郁子
「えっ!親戚の集まりでファストフード…?」食にこだわりのない義母からの提案!食事に気を配る私は…


私は食事にこだわりがあり、できるだけオーガニックな食材に気を配りながら、娘の食事やおやつを作っています。対して、料理や食にこだわりのない義母。お正月、義実家での集まりに出される食事に、私は不安を抱いていました。


「2歳の娘に食べさせる?」義母宅での食事はファストフード


「2歳の娘に食べさせる?」義母宅での食事はファストフード


義実家で囲む食卓は楽しい! その反面、大きな不安も

食に気を配る私に対し、義母は食にこだわりがなく、ほとんど作ることもしない真逆のタイプ。娘が2歳のときのお正月前、「これからはみんなが集まるときはファストフードにしようね」と義母から提案がありました。夫には姉が2人おり、子どもは3人ずつの計6人(男の子5人、女の子1人)いるのですが、その子どもたちがみんながファストフード好きだったことが発言の発端のようでした。

私は、娘にファストフードを与えたことがありません。夫が「まだ食べたことないから無理だよ」とやんわり反論してくれましたが、義母は「えー! 1歳のAちゃん(義姉の子)ですらポテトを食べるのに」と明らかに不機嫌な反応。これ以上険悪なムードになるのも嫌だったため、私から「ファストフードでも大丈夫です」と伝えました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.