くらし情報『「大したことないよね」え…?女性同僚の「生理痛を軽んじる発言」に絶句』

2022年5月27日 20:00

「大したことないよね」え…?女性同僚の「生理痛を軽んじる発言」に絶句

生理不順だった私は、職場で突然生理が始まり生理痛で動けなくってしまったことがありました。周りが心配して声をかけてくれる中、同僚の女性が私に向かって放った言葉とは……。

目次

・生理不順で開始時期が予測できず…
・同僚のひと言に衝撃
・女性が生理痛を軽視することもある


「大したことないよね」え…?女性同僚の「生理痛を軽んじる発言」に絶句


「大したことないよね」え…?女性同僚の「生理痛を軽んじる発言」に絶句


生理不順で開始時期が予測できず…

私は24歳のころ、職場のストレスや不規則な生活からか、ひどい生理不順に陥っており、生理の開始時期を予測することがほとんど不可能に。そんなある日、職場で働いているときに唐突に生理が始まったのです。

もともと生理が重く、突然ひどい生理痛に襲われた私。周囲の人が心配して声をかけてくれたため、私は「生理痛なので薬を飲めば大丈夫」と答えていました。

同僚のひと言に衝撃

ひとまず常に持ち歩いていた薬を服用し、更衣室に移動して痛みが収まるのを待っていました。そのとき、更衣室に年上の女性の同僚が。そして、周囲の同僚たちに私がなぜうずくまっているかを聞くと、「あぁ、生理痛か。えぇー大変だね、でも寝込む人とかもいるんだし、これくらいならそんなに大したことないよね」と言ったのです。

たしかに寝込むほどではないものの、私としてはとてもつらい痛みです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.