くらし情報『<卵巣が巨大化!?>恐怖の手術当日!小学5年生の私は「泣くもんか」と我慢していたけれど…』

2022年6月16日 19:00

<卵巣が巨大化!?>恐怖の手術当日!小学5年生の私は「泣くもんか」と我慢していたけれど…

普段は2人姉妹の母である、あね子さん。SNSで育児や日常の話を絵日記にして投稿されています。そんなあね子さんですが、実は子どものころ、良性の卵巣腫瘍ができたことが。巨大化したおなかに驚いた母が、「病院に行こう」と言い出し……。

【前回のあらすじ】県内の大病院を受診し、のちの執刀医となるベテランのおじいちゃん医師に「検査で診てみないとわからないけど、おそらくおなかには腫瘍ができてるね。このまま入院して手術しましょう!」と言われ、そのまま急きょ入院することになったあね子さん。入院初日に急いで精密検査がおこなわれ、その翌日か翌々日に手術を受けることになり……。

手術当日! ここまで一度も泣かなかったのに…

「手術が怖い」ついに手術当日。小学5年生の私は「泣くもんか」と我慢していたけれど… #巨大卵巣嚢腫 9


「手術が怖い」ついに手術当日。小学5年生の私は「泣くもんか」と我慢していたけれど… #巨大卵巣嚢腫 9


「手術が怖い」ついに手術当日。小学5年生の私は「泣くもんか」と我慢していたけれど… #巨大卵巣嚢腫 9


「手術が怖い」ついに手術当日。小学5年生の私は「泣くもんか」と我慢していたけれど… #巨大卵巣嚢腫 9


「手術が怖い」ついに手術当日。小学5年生の私は「泣くもんか」と我慢していたけれど… #巨大卵巣嚢腫 9


「手術が怖い」ついに手術当日。小学5年生の私は「泣くもんか」と我慢していたけれど… #巨大卵巣嚢腫 9


まずは手術前に浣腸をされて看護師さんと2人でトイレに篭ったそうですが、やはり浣腸はしんどかったそうです。その後、病室のある棟でお母さんと別れ、ストレッチャーに乗せられてオペ室へと運ばれたあね子さん。

これまでは「泣いたって仕方ない。治るわけじゃないし」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.