くらし情報『<子宮を全摘出>「涙がこぼれた」娘の発表会に間に合わない。助けてくれたのは…』

2022年6月27日 11:00

<子宮を全摘出>「涙がこぼれた」娘の発表会に間に合わない。助けてくれたのは…

普段は、フリーランスライターとして情報誌や企業会員誌などの記事制作をしている仁田茜さん。仁田さんは、子宮筋腫に起因する「過多月経」に悩まされ、26歳のときに子宮筋腫摘出手術、41歳のときに子宮全摘出手術を受けました。今回ご紹介するのは、仁田さんが経験された子宮全摘手術に至るまでのお話です。

26歳で筋腫を摘出後、特に問題なく過ごしていたものの、35歳を過ぎたころに再び筋腫ができ始めました。かかりつけ医の提案で総合病院の受診を決めた仁田さん。そこで出会った医師はなんと……!?

不甲斐なさに涙が出て

「涙がこぼれた」娘の発表会に間に合わない。助けてくれたのは… #子宮全摘手術 6


「涙がこぼれた」娘の発表会に間に合わない。助けてくれたのは… #子宮全摘手術 6


「涙がこぼれた」娘の発表会に間に合わない。助けてくれたのは… #子宮全摘手術 6


「涙がこぼれた」娘の発表会に間に合わない。助けてくれたのは… #子宮全摘手術 6


「涙がこぼれた」娘の発表会に間に合わない。助けてくれたのは… #子宮全摘手術 6


「涙がこぼれた」娘の発表会に間に合わない。助けてくれたのは… #子宮全摘手術 6


「涙がこぼれた」娘の発表会に間に合わない。助けてくれたのは… #子宮全摘手術 6


「涙がこぼれた」娘の発表会に間に合わない。助けてくれたのは… #子宮全摘手術 6


長女のヘアメイク道具を準備していないことに寝る直前に気づいた仁田さんですが、副作用でつらかったこともあり、そのまま眠りについてしまいました。翌朝家中を探すも、ヘアメイク道具は見当たらず……。長女を先に会場へ向かわせお店を駆け回りますがお目当てのものが売っていません。「きっと不安に思っているだろうな」と長女の気持ちを想像すると、昨日準備をせず寝てしまった自分の不甲斐なさに涙が出てきて……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.