くらし情報『<女性特有トラブル>「転移はありませんでした」ホッとしたのも束の間!?医師の懸念は…』

2022年6月27日 07:30

<女性特有トラブル>「転移はありませんでした」ホッとしたのも束の間!?医師の懸念は…

ライブドア公式ブロガーであり、2歳差姉妹を育児中のワーキングマザー・宝あり子さんが描く、実体験をもとにした漫画です。本作は、「乳がんが見つかった話」「乳がんが告知された日」の続編となります。

前回、乳がんの治療費が想像以上に高額になるとわかり、「がん保険に入っておけばよかった」と後悔したあり子さん。いよいよ乳がんの治療方針を決める段階になり、先日受けた検査の結果を聞きに行くことに。

※作品内ではマスクを省略して描いています。

検査の結果は…

「転移はありませんでした」ホッとしたのも束の間!?医師の懸念は… #乳がん治療方針が決まるまで 8


「転移はありませんでした」ホッとしたのも束の間!?医師の懸念は… #乳がん治療方針が決まるまで 8


「転移はありませんでした」ホッとしたのも束の間!?医師の懸念は… #乳がん治療方針が決まるまで 8


「転移はありませんでした」ホッとしたのも束の間!?医師の懸念は… #乳がん治療方針が決まるまで 8


この時点ではまだ治療方針が定まらず、一度、脇の下のリンパ節の生検(組織の一部を切り取って顕微鏡で詳しく見る検査)をおこなうことに。

その結果次第で、
・脇のリンパ節への転移ありの場合は、抗がん剤→手術
・脇のリンパ節への転移なしの場合は、手術→抗がん剤
の順番で治療をおこなうことになりました。

このころはまだ、あり子さんには抗がん剤の知識がほとんどなく、「抗がん剤は副作用が強いと聞くから怖い」と、抗がん剤治療への漠然とした恐怖を抱いていたそう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.