くらし情報『「嫌なら嫌って言いな〜」2歳の娘のパズルを奪った子のママが衝撃発言⇒見ていた男の子が痛快な一言!』

「嫌なら嫌って言いな〜」2歳の娘のパズルを奪った子のママが衝撃発言⇒見ていた男の子が痛快な一言!

目次

・見知らぬママのまさかの発言
・著者:佐藤あやな
「嫌なら嫌って言いな〜」2歳の娘のパズルを奪った子のママが衝撃発言⇒見ていた男の子が痛快な一言!


娘が2歳のころの話です。娘とショッピングモールの遊び場に行った私。そこで娘より少し年上の女の子が、娘が遊んでいたおもちゃのパズルを取り上げたのです。さらには親が出てきて……?

見知らぬママのまさかの発言

娘が遊んでいたパズルは、娘にとって難易度が高く、間違っているところもありました。すると横で見ていた4歳くらいの女の子が、娘から取り上げて得意げにパズルを始めます。女の子にパズルを横取りされて娘は悲しそう……。その子を注意すべきか迷っていると、女の子のママがその場にやってきました。「うちの子が取っちゃって、すみません〜」と謝ってきます。
「いいですよ」と返そうとすると、そのママが女の子に「早くしたかったんだよね~」と発言。モヤッとしていると、そのママは娘のことをジロジロ見て「あなたも『嫌だ』って言わないとわからないからね。って、まだ話せないか〜!」と言ってきます。さすがにイラッとした私が言い返そうとすると、遊び場にいた5歳くらいの男の子が、おもちゃを取った女の子に「おもちゃを貸してほしいときは『かーしーて』だよ」と注意してくれました。男の子の言葉を聞いて、この場で言い争いをしようとするのではなく、かし借りのマナーを子どもたちに教えるべきだったと反省した私。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.