くらし情報『「居候するなら家賃を」「お兄ちゃんに言いつけてやる!」妹を甘やかしてきたシスコン夫の末路とは?』

「居候するなら家賃を」「お兄ちゃんに言いつけてやる!」妹を甘やかしてきたシスコン夫の末路とは?

目次

・夜中に夫を呼び出す義妹
・1年後、いきなり新居に義妹がきて…!?
・夫は相変わらず妹優先
・シスコン夫の末路
「居候するなら家賃を」「お兄ちゃんに言いつけてやる!」妹を甘やかしてきたシスコン夫の末路とは?


結婚して夫婦2人で頑張っていこうとしていた私ですが、あることに悩んでいました。それは夫の妹の存在です。夫は妹のお願いならなんでも聞いてしまい、夫婦にとって大事な記念日やデートの約束も、夫は妹優先ですっぽかされてしまうことも多くあったのです。

夜中に夫を呼び出す義妹

ある日、夫とドライブデートの予定を立てていました。しかし、前日の夜中に夫の元へ妹から電話が。そのため夫は夜中ながらも実家に帰ってしまいました。朝になっても連絡がないのでメッセージを送ると……夫からは「あれから寝れなくてさ。眠いからこのまま実家で寝ていくわ。
今日のドライブは中止で」と返ってきました。

せっかく楽しみにしていたデートだったのに……。何か急ぎの用事だったのかな?と、どんな理由で呼び出されたのか教えてほしいと夫に言うと、「妹が大学へ行く際の奨学金の保証人になってほしいと頼まれたんだ」と返事が。

妹は社会人として働いていましたが、学びたいことがあると仕事を辞め1年前から受験勉強をしていました。そして地元の大学に合格したのだそう。ただ義両親は学費を出すのが難しいとのことで、夫に奨学金の保証人になってほしいと連絡がきたのだとか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.