くらし情報『「別れてくれ」弁護士を目指す彼を応援し資金サポート→彼と結婚できると思っていたら…』

「別れてくれ」弁護士を目指す彼を応援し資金サポート→彼と結婚できると思っていたら…

目次

・夢を追いかける彼をサポートしたい!
・彼氏の様子がおかしい?
・“最高な日”が“最悪な日”に!?
・私はただ利用されただけ…?
「別れてくれ」弁護士を目指す彼を応援し資金サポート→彼と結婚できると思っていたら…


同棲していた彼から「弁護士になりたい」という夢を打ち明けられた私。彼の夢を応援したかった私は、彼が会社を辞めて司法試験の勉強をする間、金銭面を含めてサポートしていくことにしました。その後、彼が試験に合格したときはうれしい気持ちでいっぱいだったのですが……。


「別れてくれ」弁護士を目指す彼を応援し資金サポート→彼と結婚できると思っていたら…


夢を追いかける彼をサポートしたい!

25歳当時、私は年上の彼氏と結婚を見据え同棲を開始したばかり。彼と楽しい日々を過ごしていました。そんなある日、彼から「俺、やっぱり弁護士になりたい」という言葉が。

実は彼、私と出会う前には弁護士になるための勉強に励んでいたそうです。けれど司法試験に何度か落ちたことで心が折れてしまい、就職し会社員として働いていたのです。

ただやはり弁護士になる夢を諦めきれていなかったよう。働きながら司法試験の勉強をするのは難しく、会社を辞めたいけど辞められず悩んでいるとのこと。

彼の夢を応援したかった私は、「それならば、仕事を辞めて司法試験に集中したらどう?」と背中を押すことに。
高校を卒業してから働き始めていたおかげで貯金はそれなりにあったので、しばらくの間、彼を養えると思ったのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.