くらし情報『『ポケモンGO』がもたらす危険な社会現象』

2016年7月21日 14:37

『ポケモンGO』がもたらす危険な社会現象

目次

・①ポケモンGOはアメリカの陰謀だった説
・②死因「ポケモンGO」
・③ポケモンGOで、地雷へGO
・④ポケモンGOが破壊する「安全」
・⑤ポケモンGOを利用したリアル“ロケット団”
・期待と不安が込められた「ポケモンGO」
(Photo by lincolnblues)

(Photo by lincolnblues)

先週の金曜日に日本でもサービスが開始したスマホ向けゲーム「ポケモンGO」。 
今や、プレイ可能の国では、多くの人が街中でスマホを覗き込み、社会現象と化しているほど。日本でも「ながらスマホ」をする人が続出し、「ポケモンGOが原因の交通事故が相次いでいる」という。 
そんなポケモンGOが世界中で引き起こした危険な現象、つまり「ポケモンGOの闇」を5つご紹介したい。

ポケモンGOはアメリカの陰謀だった説

(Photo by Dave Russell)

(Photo by Dave Russell)

ロシアではポケモンGOを「米国の特殊機関がスパイ活動のために開発した」と見なし、国家の安全保障を揺るがす恐れがある“陰謀”だとして、禁止を求める動きが出ている。 
ポケモンGOとCIAの関係も報じられており、諜報機関にプライバシーを侵害され、ゲームをすることでCIAの情報収集につながっているとロシアは考えたのだ。 
ロシア下院の共産党議員は、ポケモンGOが最先端の戦争で米国を利するために使われ、利用者のスマートフォンの撮影情報がスパイに悪用され得ると主張。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.