くらし情報『ハゲた殿方に「ハゲ!」と伝えて差し上げるのも愛なのです。|【連載3】ドSクリエイター菅原の「To the loveless.(愛を失くした人たちへ)」』

2016年9月30日 06:53

ハゲた殿方に「ハゲ!」と伝えて差し上げるのも愛なのです。|【連載3】ドSクリエイター菅原の「To the loveless.(愛を失くした人たちへ)」

目次

・まずは千葉県でいちばん顔が大きな友人の話をお聞きください。
・善人ヅラした悪意のフレーズ「そんなことないですよ」
・「そんなに薄くないですよ」と言われて「そうかな?」と思うハゲはこの世にいません。
・ドS以外の方も使える魔法の言葉「なにかあったの?」
・自分の、そして他人のコンプレックスを肯定せよ
(Photo by Miki Yamato Photography)

(Photo by Miki Yamato Photography)

ヘンタイの皆さん、ヘンタイに興味のあるノーマルの皆さん、ごきげんよう。ブランドリームス代表/コピーライターの菅原瑞穂です。(※彼女が何者なのか知りたい方はこちら) 
前回は「まつ毛は本当に“多くて長くて太い”方が幸せなのでしょうか?」と題し、フサフサまつ毛を偏重する世の中に苦言を呈しました。今回は「毛の話 ~男性編~」として、頭皮に生える毛の多寡について、つまり「ハゲ」や「薄毛」や「AGA」とか呼ばれる状態にフォーカスし、「ハゲた殿方を“そんなことないですよ”等と慰める行為は優しさなのか?」という新たな問題提起をしたいと思います。

まずは千葉県でいちばん顔が大きな友人の話をお聞きください。

(Photo by Miki Yamato Photography)

(Photo by Miki Yamato Photography)

わたくしの愛すべき友人である、千葉県でいちばん顔の大きな男の話をいたしましょう。 
小さいながら工場を営む経営者でもあるN君。夫として父として妻や子を愛し、社員のことも家族同様に大切に扱い、勉強熱心で何ごとにも真摯に取り組む彼は、嫌うのが難しいほどの好人物です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.