くらし情報『知られざる予防接種の真実。日本では必要のないワクチンが未だに使用されている。』

2017年1月25日 12:22

知られざる予防接種の真実。日本では必要のないワクチンが未だに使用されている。

あなたは予防接種を受けているだろうか。または子供に受けさせているだろうか。ワクチンには病原体の感染を防いだり和らげたりする効果があるが、一般的にはあまり知られていない危険性もある。私たちはその危険性と、必要性を踏まえ、ワクチンというものをもう一度考えてみてもいいかもしれない。

学校、病院、メディアなどで繰り返し宣伝される「ワクチン神話」

目次

・学校、病院、メディアなどで繰り返し宣伝される「ワクチン神話」
・現代の日本はそんなに病気が蔓延している国?
・なぜそんなにワクチンの副作用を疑わなければならないのか?
・欧米で行われる「水ぼうそうパーティー」
・メリット、デメリット両方を見比べる
(Photo by 撮)

(Photo by jacco de boer)

日本は予防接種を推奨しているため、学校、病院、メディアでは大々的に予防接種の広告が打ち出されている。私たちは予防接種のメリットについて理解するチャンスは多いが、副作用などのデメリット、必要性などについての情報は自分で調べない限りなかなか手に入らない。予防接種が義務接種だった時代には、反対の市民運動が日本各地で起っていた。その結果、1994年に予防接種法が改定され、義務接種ではなく、全ての予防接種が任意となった。にもかかわらず、現在の分類の仕方は「定期接種」と「任意接種」とに別けられており、あたかも「定期接種」が「任意接種」ではないように見せられている。今もこのように、予防接種は半強制的に行われているのだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.