くらし情報『フランスに住んで気づいたのは「日本人が”お客様は神様”だと思っていること」。フランスで“日本人“として生きることとは。』

2017年8月10日 04:08

フランスに住んで気づいたのは「日本人が”お客様は神様”だと思っていること」。フランスで“日本人“として生きることとは。

芸術、食、ファッションと何をとっても洗練されたイメージがあるフランス。ヨーロッパに行くなら、絶対に外せない場所の一つだろう。テレビではよく日本の伝統文化を愛するフランス人やアニメが大好きなフランスの若者について報道されたりするからか、なんとなく親日なイメージがある気もする。でも同時に、フランスでのアジア人に対する差別もよく聞く話だ。「カフェで通りから見える席にアジア人は座らせてくれない」とアーティストのGACKTがフランスでの体験談を数年前に自身のブログで公表し、多くの人が耳にしたのではないだろうか。それでは実際のところ、日本人としてフランスに住むのはどうなのだろうか?実際にフランスに住んでいる/住んだことのある日本人3人にお話を聞いてみた。「アメリカで“日本人“として生きることとは。VOL.1、VOL.2」に引き続き、今回は海外で暮らしている/暮らした経験のある日本人にお話を聞き、異文化を学びながら、日本を外から見つめ、「日本人とは何か」「自分とは」を考え直し、世界への理解を深めるきっかけを作れれば嬉しい。

Lina、28歳、学生

目次

・Lina、28歳、学生
・加藤貴大、26歳、ウェブメディア編集者
・後藤 恵子, 23歳, 海外営業事務 / フリーランスペインター(日曜画家)
width=“100%\

ー「フランス人は日本人が好き」と「フランス人は黄色人種を見下している」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.