くらし情報『「ライクを稼いでも、社会は変えられない」。マイノリティーに光を当てる28歳の女性スケボー写真家。』

2017年9月16日 11:46

「ライクを稼いでも、社会は変えられない」。マイノリティーに光を当てる28歳の女性スケボー写真家。

インスタグラムは楽しいけれど、写真に「いいね」がつくだけで満足してない?その先に、もっと楽しくて、社会のためになるような世界が待っていると知っているだろうか?

width=\
Rachelle VinbergPhoto by Alana Paterson
オーストラリア人のSarah Huston(サラ・ヒューストン)はスケーターの写真を撮るのが好きで、日々撮った写真をなんとなくインスタグラムにあげていた。しかしある日、「インスタに写真をあげて、ライクをもらってなんになるの?もっとできることはないの?」と疑問を持ち、現実世界で展示会をすることを決める。

width=\
サラは右から二番目
しかし「展示するって私何様?」と感じたというサラはインターネットで世界中のスケボーフォトグラファーの作品をキュレートし、それを展示することを思いつく。そのとき彼女が決めたルールは、「女性スケーター」を撮る「女性スケボーフォトグラファー」の作品だけをキュレートするということ。

width=\
Jenn SotoPhoto by Zorah Olivia
スケボーカルチャーは男性中心である。そこでこれまでスポットライトを当てられていなかった女性スケーター、そしてさらに影に隠れがちな女性スケボーフォトグラファーたちが輝ける場を作ったのだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.