くらし情報『8作目:摂食障害、セクシュアリティ、鬱。ティーンエイジャーの友情と葛藤をパンクに描いた映画『チーム・ハリケーン』|GOOD CINEMA PICKS』

8作目:摂食障害、セクシュアリティ、鬱。ティーンエイジャーの友情と葛藤をパンクに描いた映画『チーム・ハリケーン』|GOOD CINEMA PICKS

2018年2月14日 11:01
 

理由もなくイライラしたり、猛烈に悲しくなったり、そうかと思ったら急にバカみたいにハッピーになったり。ティーンエイジャーの世界は忙しい。子どもの頃みたいに自分の知っている世界がすべてだと安心しきって生きてはいけないけれど、大人に面倒を見てもらってるぶん自分の好きなようにすることもできない。子どもと大人の狭間で時間を持て余し、自分の存在の意味を何度も考え、その空虚さに恐ろしくなることだってある。大人になると忘れがちだけれど、ティーンエイジャーの世界にはいたって真剣に、特有の苦労がある。社会派の映画を紹介する『GOOD CINEMA PICKS』で今回は、渋谷ユーロスペースで開催中の北欧カルチャーを発信するノーザンライツフェスティバル2018から、ティーンの葛藤を生々しく、同時にドリーミーな世界観で描く『チーム・ハリケーン』をピック。

関連リンク

・担当編集者との悲恋…「ピーターラビット」原作者の人生
・ゴルフウエア最前線★パーリゲイツの展示会がすごいワケ5
・「ドラマ離れ」を救えるか? 裏設定にドキドキの動画配信サービスが進化中
width=“100%"
海外のチューインガムを連想させるビビッドカラーに溢れたこの映画はどこか空想の世界かのようにも感じる。しかし、主人公たちの悩みはいたって現実的。摂食障害、鬱、貧困、家出、自身のセクシュアリティとの葛藤など、これまでも、今も、これからも、多くの若者が向き合う問題。若手映像作家のUMMMI.は『チーム・ハリケーン』は「アタシたち」の映画だと話していたが、それは登場人物が誰1人として完璧ではなく、それぞれがもがきながらかっこ悪く生きているからかもしれない。暴言を吐いたり、意地悪を言ったり、調子にのってみたり…彼女たちは、人間らしい。だからこそ彼女たちの友情や、努力を愛おしく見守りたくもなる。本作の監督アニカ・ベウは作品について「ティーンエイジャーだった頃の自分へのラブレターなの。そして、自分と、1度はティーンエイジャーだった大人、そして今ティーンエイジャーとして生きている子たちへ、思春期に抱える独特のエネルギーとか弱さを愛して、大切にしてあげてっていうリマインダーなの」と話す。(引用元:Women and Hollywood)誰もが1度は経験したことのある、ティーンエイジャーという特別な人生の期間。その頃の経験を乗り越えた人もいるかもしれないし、引きずっている人もいるかもしれない。どちらにせよ『チーム・ハリケーン』の8人の誰かに強く共感し、もがきながらもどこまでも自分らしく生きる彼女たちに勇気付けられる大人は少なくないだろう。『チーム・ハリケーン』

2018.02.16 Fri

21:10〜

チケット

@ユーロスペース

トーキョーノーザンライツフェスティバル 2018

Website|Facebook|Twitter

@ユーロスペース

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.