くらし情報『8作目:摂食障害、セクシュアリティ、鬱。ティーンエイジャーの友情と葛藤をパンクに描いた映画『チーム・ハリケーン』|GOOD CINEMA PICKS』

8作目:摂食障害、セクシュアリティ、鬱。ティーンエイジャーの友情と葛藤をパンクに描いた映画『チーム・ハリケーン』|GOOD CINEMA PICKS

2018年2月14日 11:01
 

理由もなくイライラしたり、猛烈に悲しくなったり、そうかと思ったら急にバカみたいにハッピーになったり。ティーンエイジャーの世界は忙しい。子どもの頃みたいに自分の知っている世界がすべてだと安心しきって生きてはいけないけれど、大人に面倒を見てもらってるぶん自分の好きなようにすることもできない。子どもと大人の狭間で時間を持て余し、自分の存在の意味を何度も考え、その空虚さに恐ろしくなることだってある。大人になると忘れがちだけれど、ティーンエイジャーの世界にはいたって真剣に、特有の苦労がある。社会派の映画を紹介する『GOOD CINEMA PICKS』で今回は、渋谷ユーロスペースで開催中の北欧カルチャーを発信するノーザンライツフェスティバル2018から、ティーンの葛藤を生々しく、同時にドリーミーな世界観で描く『チーム・ハリケーン』をピック。

width=“100%"
海外のチューインガムを連想させるビビッドカラーに溢れたこの映画はどこか空想の世界かのようにも感じる。しかし、主人公たちの悩みはいたって現実的。摂食障害、鬱、貧困、家出、自身のセクシュアリティとの葛藤など、これまでも、今も、これからも、多くの若者が向き合う問題。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.