くらし情報『時代に逆らい「自分がいいと思うもの」を追求してきた“還暦の音楽狂”が、現代の日本の若者へ伝えたいこと』

時代に逆らい「自分がいいと思うもの」を追求してきた“還暦の音楽狂”が、現代の日本の若者へ伝えたいこと

2018年3月9日 10:07
 

経済がバブルのように膨らみ続け、その恩恵を受けた人々は豪遊し、異常な高揚感が日本に漂っていた80年代、ヨーロッパには違った空気が流れていた。冷戦の影響をダイレクトに受けたヨーロッパ諸国のなかでも一国が西(資本主義)と東(社会主義)の二つに分断されていたドイツは極端だったといえる。経済的に発展し自由を謳う西ドイツとは対照的に、映画や音楽などのカルチャーさえも検閲されていた東ドイツ。ドイツ北東部に位置する都市ベルリンにいたっては町内に存在する大きな壁を境に、西と東に全く異なる世界が広がっていた。西ドイツの住民すら近寄ろうとしない東ドイツのなかの孤島と化したそのベルリンに、ガードの目を盗み西から東へと音楽を“密輸”する、あるイギリス人の男がいた。

ベルリンの壁をすり抜け音楽を“密輸”した男

70年代後半から80年代後半にかけて、自由を謳歌する西ベルリンから厳しく統制された東ベルリンに音楽を“密輸”していた男の名はMark Reeder(マーク・リーダー)。

関連リンク

・結婚式、医療費…「急な出費」のピンチを救うプロの技【「崖っぷち家計」脱出法 Vol.4】
・吉澤ひとみ「あり得ない出来事が…」自宅でのトラブル明かす
・100均アイテムでオシャレ&機能的なキッチンに♪ 簡単で役立つアイデア20選
width=
マーク・リーダー
Be inspired!の姉妹メディアHEAPSでは2017年5月からマークのベルリンでの回想録を半年にわたり連載した。▶︎【連載】「ベルリンの壁をすり抜けた“音楽密輸人”」 鋼鉄の東にブツ(パンク)を運んだ男、マーク・リーダーの回想録(完結)そして2018年2月、満を持してマークが来日。1982年に西ベルリンで始まり、音と光を実験的な表現で探索するフェスティバルBerlin AtonalとHEAPSの共催で、映画上映とトークイベントが行われた。

width=“100%

時は流れ、ヒッピーがメインストリームだったマンチェスターに突如パンクが到来する。

ある日ロンドンのセックスピストルズってバンドがラディカルだってどこかで読んだんだ。すごく興味を持った。どっかの新聞にはそいつらが老人に唾をはいたって書いてあるんだ。「やるじゃないか」って思ったね
店にセックスピストルズと並び3大パンクの一つに数えられるThe damned (ダムド)のレコードが入荷するとマークはすぐに夢中になる。

The damnedってバンドのレコードが店に入ってきて「なんだこれは!」ってなったんだよ。まず、すごく短くてさ。その頃は複雑な音楽がいいものとされていて、うんざりしてきたとこだった。人気の絶頂だったYES(イエス)のアルバム『Tales from Topographic Oceans(海洋地形学の物語)』は片面だけで25分とかなんだよ、なのにThe damnedのレコードは立ったの2分半。3分ですらない
それまで主流だった音楽とはまったく異なるこの新しい音楽を受け入れられなかったヒッピーの店員たちは次々に辞めていった。それでも「生」のパンクに魅力を見出したマークは最後、一人っきりになりながらもパンクを店で売り続ける。

width=“100%

マークのマンチェスター、パンク到来時代の話からはベルリンの偉業に通づるマーク・リーダーという男のエッセンスが垣間見られる。

セックスピストルズの「アナーキー・イン・ザ・U.K」のレコードを手に入れたとき、パーティーに行ってかければフロアのみんなが死ぬほど盛り上がるぞなんて思ってたら、フロアはヒッピーだらけで、そのなかでもすごいでかい図体したやつが「なんだそのゴミみたいな音楽は」って言って、ぼくのレコードにタバコを押し付けたんだ。そいつがでかすぎてぼくは何もできなかったけどね。まあ、それがパンクロックに対する当時の大衆の反応だった
誰にも注目されていなかったベルリンの可能性をいち早く信じ移住したことや、大衆に受け入れられなかったパンクを信じ発信し続けたこの「自分がいいと思ったらまわりの反応は気にしない」という精神こそが、結果的に現代から振り返ると伝説となった、ベルリンやマンチェスターのカルチャーシーンの最前線にマークが立っていた理由だろう。

現代の若者にマーク・リーダーが伝えたいこと

60年代、70年代、80年代、90年代、それぞれの時代ごとにスタイルと音楽が頭に浮かぶ。しかし、21世紀を迎え、「2000年代といったらこれだ」「2010年代といったこれだ」といえるようなものがないと指摘するマーク。しかし新しいものを生み出すのにはリスクがともなう。受け入れられないかもしれないし、クレイジーだと思われるかもしれない。特に日本では「出る杭は打たれる」というぐらいだから新しいことを始めるのは社会の風潮を考えても難しい。そんな状況をマークに話すと、マークが母からもらったアドバイスを教えてくれた。それは「もし一回挑戦してうまくいかないなら、もう一度挑戦しなさい」。

みんな“最初の人”になるのを恐れてる。みんながやってることをやるほうが簡単だから。それが問題だよね。何かを生み出して、挑戦するのは簡単じゃない。でも成功するかどうかは問題じゃないんだ。失敗したっていい。挑戦はしたんだからね。もしそれでうまくいかなかったら、もう一度挑戦するんだ。一回目で何が失敗だったのかをちゃんと学んでね。自分を幸せにするための科学みたいなもんだよ。科学者だって成功するまで何度も失敗してる

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.