くらし情報『#007 「簡単に手に入った服は捨てたことがある」。20歳のインフルエンサーに聞いた、“ゴミになる服”と“大切にする服”の違い|赤澤えると『記憶の一着』』

2018年4月6日 03:17

#007 「簡単に手に入った服は捨てたことがある」。20歳のインフルエンサーに聞いた、“ゴミになる服”と“大切にする服”の違い|赤澤えると『記憶の一着』

こんにちは。赤澤 えるです。思い出の服を持ち寄る連載『記憶の一着』、第7回です。たくさんの服が捨てられる世の中で、残る服って何だろう。それはどうして残るのだろう。それを手放す時ってどんな時…?

服の価値、服の未来、ゲストのお話をヒントに考えていく連載です。

本日のゲストはアーティスト・佐藤ノアさん。ガールズバンド「suga/es」のヴォーカルを務める彼女。Instagram・Twitter共にそれぞれ20万人以上のフォロワーを抱える、20歳になったばかりのインフルエンサーです。多大な影響力を持つ彼女が選ぶ、「記憶の一着」とは?

目次

・外に出なくなった私を救った『記憶の一着』とは
・“思い出の服の祭典”出演にあたって思うこと
width=
澤える佐藤ノアさん
▶︎赤澤えるのインタビュー記事はこちら

外に出なくなった私を救った『記憶の一着』とは

赤澤 える(以下、える):『記憶の一着』について聞かせてください。佐藤ノア(以下、ノア):高校生の時に祖母がプレゼントしてくれたコートです。もらったのはクリスマスの頃だったかな。まだ地元の北海道にいました。3、4年経ちますけど冬になったら毎年着ています。モデルの仕事をしていると冬はコートをたくさん持っていないといけない感じになるんです。SNSに載せるものが全部同じような写真になってしまうから。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.