くらし情報『#009「安いものを買いたいっていうのが普通の人間の心理」。清水文太がファストファッションの服を買う理由|赤澤えると『記憶の一着』』

2018年4月20日 09:56

#009「安いものを買いたいっていうのが普通の人間の心理」。清水文太がファストファッションの服を買う理由|赤澤えると『記憶の一着』

こんにちは。赤澤 えるです。思い出の服を持ち寄る連載『記憶の一着』、第9回です。たくさんの服が捨てられる世の中で、残る服って何だろう。それはどうして残るのだろう。それを手放す時ってどんな時…?

服の価値、服の未来、ゲストのお話をヒントに考えていく連載です。

目次

・最悪な家庭環境の中で出会った『記憶の一着』とは
・何をどうやっても好きになる対象って変えられない
・清水文太=ファッションじゃない


本日のゲストはスタイリスト・清水文太くん。スタイリストとしての活動だけでなく、アート展示やZINE制作、コラム執筆など、アーティストやライター活動でも知られる彼。バイイングした古着や生み出したオリジナルグッズなどを並べたポップアップストアも、開催の度に注目されています。服への価値観や、想像を絶する壮絶な過去、マイノリティとして堂々と生きている現状について、包み隠さずありのままを語ってくれました。東京ファッションの最先端を生きる彼が選ぶ、「記憶の一着」とは?

width=\
赤澤えると清水文太氏▶︎赤澤えるのインタビュー記事はこちら

最悪な家庭環境の中で出会った『記憶の一着』とは

赤澤 える(以下、える):『記憶の一着』について聞かせてください。清水 文太(以下、文太):このコートです。ANREALAGE(アンリアレイジ)というブランドのもの。これは高校生の時、初めてのバイト代で頑張って買いました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.